最高のパフォーマンスを発揮できるように導く

映画「キングダム」の主演を務めた山崎賢人さん。

 

彼が、本場の映画づくりに触れるために、

ロサンゼルスにあるソニー・ピクチャーズ本社を訪問されたときの話です。

 

 

現地の様々な方にお話を伺っている中で

 

映画プロデューサー兼イノベーションスタジオ所長である

グレンテン・ゲイナー氏のコメントにとても共感しました。

 

 

「プロデューサーの役割」について、このように語られています。

 

『すべてのアーティストが最高のパフォーマンスを発揮できるように導くことが大切です。

それが映画を観る人の最高の体験に繋がるからです。』

 

 

そうですよね。

うん、そうですよね!w

 

 

成果を目指す上では、

そこを目指している方々のパフォーマンスを最大限発揮してもらうしかない。

 

 

まさに

人を活かすことで成果を目指す考え方、価値観ですね。

 

 

では、どのようなアプローチが、

人を活かすことで成果を目指す組織づくりに繋がっていくのか。

 

 

この辺りについては

「教育的瞬発力トレーニング講座」の中でも

メインのテーマになってくる部分になります。

 

 

人は往々にして、

自らが受けたリーダーシップやマネジメントを実践してしまいがちです。

 

だからこそ、

人を活かすアプローチについては、

学び、チャレンジし、修正し・・・を繰り返していくしかありません。

 

 

グレンテン・ゲイナー氏が語られていた考え方。

これが組織づくりにおける「当たり前」になるように、

私も努力し続けたいと思います。