ゴルフから目的を持つことの大切さを考える

***************************

 目的があるから。通過点を見据えることができるから。

 前へ進もうと思える。

***************************

 

 

先日、ゴルフのラウンドに行ってきました。

天候に恵まれ、日焼けできるほど気持ち良い時間を過ごすことができました。

 

しかし、今回!

 

プレイ中やホール間の移動が、カート(ゴーカートのようなもの)移動ではなく、

手引きカート(ゴルフバッグをタイヤ付の台車に乗せて、自分で運ぶ)移動というスタイル。

 

なので、かなりの運動量が予想され、心配していました。

 

 

が、結果的にはそこまでキツイと感じることはなく、楽しめたわけです。

 

 

ちなみに、どれほどの運動量だったのか、確認しておきます。

少し想像してみてください。

 

 

《移動距離》

 7~8㎞

 

《荷物重量》

 約10㎏

 

《移動時間》

 約6時間

 

 

思ったより、大変そうじゃないですか?w

 

 

しかし、前記した通り、キツイと感じることはありませんでした。

 

 

そりゃそうですよね、別に歩きに行ったわけではなく、

ゴルフを楽しみに行ったわけですから。

 

あくまでも、

ゴルフを楽しむために必要な運動だっただけで、

その運動をしに行ったわけではありませんからね。

 

 

つまり!

 

ゴルフを楽しむという「目的」があったことと、

1ラウンドごとに「小さなゴール」(カップイン)が設定されていたおかげで、

それを達成させるために必要な「大変な運動」が、全く気にならなかったという話です!

 

 

そんなの当然だよ!と思われるかと思いますが、

 

思いのほか、こんな当たり前のことを無視して、

誰かに対して何かを依頼していること、多いと思いませんか?

 

 

一見、負荷を感じることに向かうとき、

必ずその「目的」と「小さな通過点設定」が不可欠です。

 

 

やはり、楽しく、大義に向かっていきたいものです。