熱量を育む

以前、後輩の先生に質問されたことがあります。

 

「LHR(ロングホームルーム)のネタ何かありませんか?」と。

 

 

私はすかさず聞き返しました。

 

「年間を通して、または3年間、その先を見据えて、どのようなことを身につけてもらいたかったの?」

 

 

すると

 

「ちょっと考えてみます!」と返答をもらいました。

 

 

私は、反省しました。

ホームルームに対する考え方も教えることができていなかったんだと。

 

 

また別の先生にはこのように言われたことがあります。

 

「当時、ホームルームで何を話せば良いのか、よくわからなかったんです。

なかなか相談もできなくて・・・。」と。

 

 

私は、反省しました。

もっと自分のホームルームに同席してもらえば良かったと。

 

 

しかし、ふと思いました。

 

案外、行き当たりばったりでも何とかなっちゃってんだな、と。

 

 

そう、何とかなるんです。

 

そして、考え込んだからといって、

その通りになるなんてことはほぼないんです。

 

 

でも、私は確信しています。

 

『死ぬほど考え込んで準備した方が良い教育ができる』、と。

 

 

で、何を考え込むのか、が重要になってきます。

 

大切なのは、一人の人間としての、教師としての、

「熱量」だと考えています。

 

 

人の心は、論理では真には動かされません。

 

想いの強さ、熱意といった、心の部分で、心は動かされるものです。

 

 

教育的瞬発力トレーニング講座では、様々な理論や考え方を

個人や集団への教育活動の助けになるように展開していますが、

 

最も大切にしていることは、その「熱量」の部分を育む作業です。

 

 

当然、すでにベストは尽くされているとは思います。

 

ただ、ともにそのベストの先へ進めたらと、私は思っています。

 

 

教育を愛する者、集まれーーーーーw!!