相手のことを知ろうとすること

 

先日、とあるサッカー番組にて、

元プロサッカー選手である中澤佑二さんが「ドリブル対応策」について話をされていました。

 

 

そこに、教育や育成においても重要だと考えられるポイントがありました。

 

 

 

【ドリブル対応において大事にしていること】

 

 

1、対応する選手に関する「事前リサーチ」

 

最低限、利き足を把握すること。

 

そして、

インサイドで抜くのが得意なのか、アウトサイドで抜くのが得意なのか。

どういうフェイントを使ってくるのか、といったドリブルの特徴や傾向を把握すること。

 

 

   

2、相手と対峙したとき、相手の「目線」を見る

 

相手がボールを受ける前の目線、ボールを受けた直後の目線を確認することで、

相手が何を考えているのか予測すること。

 

例えば、その目線から

ゴールを意識したドリブルなのか、パスを意識したドリブルなのか等。

 

 

 

このような

色々な情報をもとに、瞬時に予測を立てて対応していたとのことでした。

 

  

 

これは、

教育活動においても全く同じことが言えると思います。

 

 

成長の支援をしたい対象について、

どういったことを目指しているのか、

どのようなときに折れやすいのか

どういった強みがあるのか

などを事前に知っておくことは大切

 

その上で

瞬間瞬間において、何を考えて行動しているのか

行動しようとしているのかを

 

色々な情報をもとに予測を立てて、コトバをかけていく。

 

 

相手を知ろうとすること、理解しようとすることから

成長の支援は始まるということですね。

 

 

ボンバー!勉強になります!!