イメージの共有が力を引き出す

 

指導者からゴールまでの距離を告げられず、

ランニングしている人がいるとします。

 

 

10分ほど走った頃、

 

「あと何キロぐらいゴールに着くのでしょうか?」

 

と指導者に質問したとします。

 

 

そこで、2通りの応えがあったとして、

どちらの方がその後も頑張れるものだと思いますか??

 

 

A 『走っていればいずれ辿り着くから、気にするな。』

 

B 『今まだゴールまで4分の1しか走っていない。大体あと6キロだ。』

 

 

いかがでしょうか。

 

精神的に、どちらがきついものか想像することは容易いですよね。

 

 

人はもともと、

「頑張りたい」と思っていると、私は考えています。

 

しかし今回の例のように「先をイメージできているかどうか」は、

エネルギー発揮に大きく影響を及ぼすものだと思います。

 

 

もし「頑張ってもらいたい」と思う方が周囲にいるのであれば、

是非、現在地や目的地、そこまでの道のりなど、

 

「今頑張る価値」を感じてもらえるような

コミュニケーションを取ってあげてもらいたいと願っています。

 

 

まだまだ、学校でも職場でも家庭でも、

「A」のようなコミュニケーションをとってしまうこと、あるのではないでしょうか。

 

 

ちょっとした意識を変えることで、成果を大きく変える。

 

 

どのようなコトバを扱うか、伝えるか、

よくよく考えていきたいものですね^_^