「成長」を見据えた関わり方

 

昨年子どもが生まれ、

育児という初めての経験をさせてもらっています。

 

 

生まれたての頃から数ヶ月の間、

 

「僕らがいないとダメだ」

 

と、当然ながら感じていました。

 

 

赤ちゃんが生きていくためには、何から何まで

保護者の手助けが必須ですからね。

 

 

でも、1歳になってきた頃からだったでしょうか。

 

生きていくための手助けは、相変わらず何もかもが必要です。

 

ただ、「成長していくための関わり方」ということを、

今まで以上に強く意識するようになってきました。

 

 

例えば、絵本読み。

 

こちらが「これ読もうか!」というアプローチは一切やめて、

 

何冊かの絵本を並べた上で

 

『どの絵本を読みたいですかー?』

 

と、本人の意思を汲み取る努力をするように関わり方を変えています。

 

 

◇ 自分で選択している実感が幸福感を生み出す

 

◇ 望まねば手に入らない

 

◇ 親の人生ではない、子ども自身の人生

 

 

このような意図を持って、

考える(自分の意志を知る)機会を大切にしています。

 

 

これは、赤ちゃんだけでも子どもだけの話ではありません。

 

 

30代、40代においても。いや、恐らく一生。

 

 

人を活かすためには欠かせないスタンスなんだと、

私は考えています。

 

 

経験豊富な大人も、

ぶっちゃけ赤ちゃんと一緒ですよw

 

 

関わり方、そのスタンス、その哲学。

 

 

それが、人を活かしも滅ぼしもしますのでね。