相手を知るために自分を知る

 

「相手の気持ちになって考えなさい!」

 

「人の話はきちんと聞きなさい!」

 

「人との約束は守るためにあるんでしょ!」

 

 

これらは当然のごとく、

とても大切なこと、考えるべきことだと思います。

 

異論ありません。

 

 

ただ、この表現、伝え方、圧だと、

少し誤解が生まれやすい、いやリスクがあるかと思っています。

 

 

なぜなら

 

「相手」や「周り」にエネルギーが向き過ぎかと思うためです。

 

 

ここに、もう少し「自分」という考え方、見方があって初めて、

学びとしてのバランスが取れると思っています。

 

 

『もっと自分の気持ちに目を向けてあげなさい!』

 

『自分の感情や考え方、心の声にきちんと耳を傾けなさい!』

 

『小さなことでも自分との約束を守ることを大切にしなさい!』

 

 

これらって、あまり耳にしませんよねw

 

 

でも、多様化や個人主義の流れが加速している中においても

集団として組織としてチームとして成果を出していくためには、

 

今まで以上に「自分と対話すること」の価値が高まってきていると思います。

 

 

すこーしだけ、自分の考え方や感情を大切にしてみませんか?

 

すこーしだけ、相手の考え方や感情を尊重してみませんか?

 

 

ほんのすこーしの変化。

 

自分の、ほんのすこーしの変化。

 

 

これは、大きいです、Yo!!!