アザール選手から学ぶ自己教育の価値

 

先日、レアルマドリードへの移籍が決まった、

ベルギー代表の『エデン・アザール』選手。

 

 

彼がJリーグのインタビューで、こんなことを話していた。

 

 

【Q】

 憧れのサッカー選手はいますか?

 

【A】

 サッカーを始めたころはジダンに憧れていた。

 でも、ジダンと同じプレーは無理だ。

 ただ、ジダンのプレーはとてもエレガントだから、選手として手本にしている。

 

 プロになってからは、沢山の選手を手本にするのではなく、

 『自分自身のプレーを見て、色々と学ぼうとしている』。

 

 

彼ほどの偉大な選手だから、

他人から学ぶことがない、ということではない。

 

 

彼ほどの偉大な選手だからこそ、

自己を追及する視点が備わっているのだと感じた。

 

 

ただとても気になる点は。

自分のプレーをどのように見て、何を考え、学びに変えているのかという、

彼の視点、サッカーへの見方そのもの。

 

 

彼のインタビューなんかをこれからもチェックして、

気づいていきたいと思う。

 

 

今回のインタビューで重要なことは、

「自分を見つめる」「振り返る」という行為の価値である。

 

 

過去を見るようで、明らかな未来志向。

 

それは、「見つめ方」「振り返り方」次第。

 

 

サッカーに限らず、

どのような仕事においても、人生においても重要になる「自己教育」。

 

 

尊い他者からのフィードバックも、

この自己教育が根本になければ、ダイヤモンドもただの石ころ。

 

 

だから重要になる。

 

自分をなぜ教育したいのか?

自分をどこに向かって教育したいのか?