話の聴き方

 

小学6年生のとき、

私はある女の子に話しかけました。

 

 

「○○ちゃんとほんと仲良いよね!」

 

 

すると、このように返されました。

 

 

『うん、私はあの子のこと嫌いだけどね。』

 

 

・・・。

 

 

完全にパニックですw!!

 

 

一体、何を言っているんだ??

じゃあいつものあの笑顔は何なんだ??

 

 

私は幼心に、何を信じたら良いのかがわからなくなり、

女子というジャンルが完全に苦手になっていきました。

 

 

ただ、当時の私には、

「言葉の裏」という発想がありませんでした。

 

 

言葉に隠されている感情や背景などを

想像したり観察したりする習慣が当時あれば・・・。

 

 

中学3年間、女子を避け続けることはなかったかも知れませんw

 

 

ということで、これらは

「言葉を信じるな」という話でありません。

 

 

耳にした言葉を、そのまま文字面だけで解釈すると、

誤解してしまうリスクが高まりますよ、というお話になります。

 

 

言葉には必ず、様々な思いや感情が乗っかっているものです。

 

 

そこを「聴く」こと、「聴こう」と努めること。

 

 

これが、コミュニケーションを円滑にする、

一つの秘訣かも知れません^_^