不自然が自然となり、自然が不自然となる

 

皆さんは、「正しい姿勢」で歩けているでしょうか?

 

不自然が自然となり、自然が不自然になってはいないでしょうか?

 

 

  

心身の健康を維持していくための「正しい姿勢」というものは存在していて、

それを意識して表現していれば習慣になって、無意識的に正しい姿勢が取れるものです。

 

 

色々なポイントがありますが、

一つ挙げるとすれば、「肩甲骨の開き具合」でしょうか。

 

PCやスマホを触る時間が多い方の多くが、肩甲骨が開き気味ですね。

 

大袈裟に言えば、両肩の位置が「耳の下」ではなく、

「アゴの横」に位置している感じです。

 

背中にある左右の肩甲骨が寄ることなく、開いてしまっているわけです。

 

 

この肩甲骨が開いた状態が続くと、肩こりに繋がり、それが頭痛などに繋がり…

いわゆる不調に繋がっていくわけです。

 

 

つまり、「不自然」な状態と言えます。

 

 

この不自然な状態を脱却するためには、

 

肩甲骨をほぐすために肩を回したり、肩甲骨を前後上下に意図的に動かしたり…

胸を張って肩甲骨を寄せた状態で歩いたり座ったり…

色々と意識的にできることは沢山あります。

 

 

ただ、こういった行動を意識的に取らなければ、

「不自然」な状態がずーっと続いていくことになります。

 

 

そしていつの間にか、

「不自然が自然」な状態になるわけです。

 

 

そして、そのような人に、

「正しい姿勢はこうだよ!」と、肩甲骨や肩の位置について矯正していくと、

 

「え?これおかしくない?」と言われることになります。

 

 

つまり、

「自然が不自然」な状態に感じるようになっているということです。

 

 

かなり遠回しに表現してきましたが、

 

上記のような「不自然が自然となり、自然が不自然になる」という状況は、

 

家庭や友人関係、カップル、職場などなど、

様々な場所で、場面で起きているのではないでしょうか?という話です。

 

 

自分の感覚は、

本当に大切にしていきたいものです。

 

が、それと同時に、

自分にとっての「自然」や「不自然」についても、

たまに見直してみても良いのかも知れませんね。

 

 

P.S.

クラウドファンディングで支援いただいた方へのリターンである「お手紙」を

書き始めました!!

今月中にはお手元にお届けいたしますので、今しばらくお待ちくださいませm(__)m