危機感と大義

 

先日、教員免許の更新講習を受講してきました。

 

10年に一度、計30時間の講習受講で、免許の更新ができるという仕組みで、

平成21年4月1日から導入されたものです。

 

定期的に最新の情報を取得することで、

その時々に応じた教育活動を自信を持って行えるよう、定められたものになります。

 

 

……なのに10年に一度??

……たった30時間で最新の教育動向??

 

 

まぁそれは置いておいて。

 

 

やはり、危機感と大義を抱き、

自らが学ぶ努力をする以外、時流に立ち向かう教育者ではいられない、

ということは大いに理解することができました。

 

 

私は、学校の教員は、

クラスや授業集団における「リーダー」であると考えています。

 

教科授業という専門性は入試制度が変わらない限りは

現状のまま必要とされていくと思いますので、磨きをかけることは重要です。

 

ただ、「リーダーシップ」についても磨きをかけていかなければ、

従来通りのトップダウンが身体に染み込んだまま、社会に向かうことになりかねません。

 

 

組織の目標や大義を達成させるための課題を発見し、

達成までの道筋を立て、他者を巻き込み、

予定通り進まない道のりを変更に変更を重ねながらも前進し、

チームで到達させるといった経験や能力、視点が求められています。

 

 

そのような経験づくり、能力開発を、

学校教育の中でどのように作り出しますか??

 

 

このような危機感や大義を抱いている方と一緒に考え、

一緒に挑み、一緒に達成感を味わえたら、私は嬉しいです。

 

 

一人ではなく、一緒に挑んでいきましょう!!