リフレーミング

 

カウンセリングの論理療法の一つに

「リフレーミング」というアプローチがあります。

 

思い込みや決めつけが激しい方に有効的と言われています。

 

しかし、

私としては誰しもに必要な学びであると実感しています。

 

 

まず、リフレーミングについて簡単に確認してみましょう。

 

 

◇定義◇

考え方を柔軟にし、視点を変え、短所を長所に捉える考え方。

 

◇例◇

・怒りっぽい ⇒ 感受性が豊か、自己表現力が高い

・飽きっぽい ⇒ 好奇心が旺盛、物事に興味を持てる

・すぐ凹む  ⇒ 一つひとつの物事へ真剣に向き合っている  など

 

 

上記の左の認識をネガティブに持ち、相談された際、

 

「そんなことはないよ。こう考えることもできるんだよ。」

 

と、お話することで、

自己評価に新たな気づきを与えるアプローチになります。

 

 

  

が、ちょっと違和感がある点がありませんか?

 

 

個人的には少し納得がいかない点があります。

 

「そんなことはないよ」は、嘘だろーってところですw

 

 

なぜなら、事実本人はそう感じたんだろうし、

周囲の人でそう思っている人もいて当然だと思うわけです。

 

 

なので、とても細かいのですが、

 

「それも事実だと思うけど、こう考えたこれも事実だと思うよ。

むしろ他の見方をする人もいると思うな。」

 

 

大切なことは、

人も、物事も、かなり多面的に構成されているということ。

 

にも関わらず、

人も、物事も、比較的一面の部分だけでその全体を決めつけてしまう癖がある、

ということだと思っています。

 

 

確かに、強烈な一面の影響力って、本当に大きいです。

でも、その事実を認識していることで、また違う面を見る目を養うことも可能になります。

 

 

決めつけることで、自分を苦しめることがないように。

決めつけることで、何かの可能性を自ら捨てないように。

決めつけることで、むやみに人を傷つけないように。

 

 

リフレーミングについて、今一度考えてみても面白いのではないでしょうか^_^