「どうして?」よりも「どうすれば?」

 

人が何か失敗したとき、ついこんなことを言ってしまいますね。

 

「どうしてそんなことしたの?」

「どうしてそうなったと思っているの?」

「ねぇ、どうして?」

 

こんな感じです。

 

 

「どうして?」「なぜ?」

 

このような問いを投げかけることで、

その原因を明確にする。

 

それは、同じことを繰り返さないためには大切なことかもわかりません。

本人がその時点で、気づけていない場合は、ですが。

 

 

とにかく、原因を明確にするためには効果的に働きやすいですが、

個人的な意見としては、この問いに時間をかけすぎだなーと思っています。

 

  

前フットサル日本代表監督であるミゲル・ロドリゴさんは、

日本の指導現場で気になることの一つに

 

「失敗を学びにつなげること」

 

というものを挙げられていました。

 

 

例えば、こんなシーン。

 

 

選手がシュートチャンスと感じ、シュートを放った。

しかし、そのシュートはキーパーに阻まれてしまった。

 

そしてその場面、シュートを打たずにパスを選択した方が、

自らシュートを打つことよりも得点の可能性が高そうに、指導者は感じた。

 

だから…

 

「なんでパスしなかったんだ?(このアホ)」

 

なんか嫌な心の声が混じった怒鳴り声が聞こえた。

 

 

残念ながら、このような現場はまだまだ存在するのではないでしょうか。

 

 

しかしミゲルさん的に言うと、この場面は

「失敗を学びにつなげる」チャンスと捉えることができますね。

 

 

例えば…

 

 

(原因というか意図確認)

「どうしてあそこでシュートを選択したのかな?」

 

(他者理解)

「なるほど。こうこうこういう考えで、シュートを選択したんだね。」

 

(目的の確認)

「サッカー(フットサル)の目的はなんだっけ?」

 

(未来思考)

「あの場面、どうすればその目的を果たせただろうか?」

「似たようなシチュエーションが訪れたとき、どのようなことを考えたら良さそうかな?」

 

(選択肢の共有)

「シュートを打つフリしてパス」

「パス出すフリして、もしキーパーがパスにくいついたらシュート」

「キーパーがすごい出てきたら、パスするふりしてドリブルでかわしてシュート、またはループシュート」

ってのもあるよね~みたいな。

 

 

何か失敗があった際、

会話というか振り返りのボリュームをどこで持たせるか

ということが、成長や主体性の引き出し、自信の構築に向けて非常に大切になるかと思います。

 

 

「どうして?」という質問ジャンルで長々と指導するのは、

ただ単に選手の「学ぶ姿勢に蓋」をしてしまうだけだと私は考えています。

 

 

是非、「どうして?」「なんで?」という振り返りに時間を割くことなく、

 

「どうすれば?」という未来思考の問いや考える機会を

増やしていきたいものですね。

 

 

そうすることで、より取り組んでいることへの主体性や探究心が

高まっていきますのでね!