ペーシングスキルを目に見えないレベルで意識する

 

皆さんの中に「ペーシング」というコミュニケーションスキルをご存知の方は

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ペーシングというスキルは、相手に安心感や居心地の良さを感じてもらうスキルであり、

信頼関係をスムーズに構築していくことに長けているスキルとして、

営業等のビジネスにおいては常識的なコミュニケーションスキルの一つになります。

 

 

このペーシングのポイントをサラッと確認しておくと…

 

・話し手が話すスピードやテンポに合わせる

・話し手が話すトーンや声の大きさに合わせる

 

などとなります。

 

 

実際私も法人営業をしていた際に意識的に試していましたが、

やはり効果はあるように感じていました。

 

もちろんこのペーシングスキルはあくまでもスキルになるため、

良質なコミュニケーションが取れているかどうかをペーシングの良し悪しで判断することは難しいと思います。

 

また、対話が成り立っているかどうかは、もっと本質的な部分が確実に存在すると考えています。

 

 

そんな中、ここ最近、2歳弱の子どもと会話(だいぶ理解できる言語が増えてきた)している際に、

ふと感じたことがありました。

 

 

それは、「相手の情報処理スピード」に合わせていくというペーシングが、簡単なようで難しいなと。

 

 

例えば…

 

子どもと保護者とで、サッカーの振り返りをする対話を例として考えてみます。

(話し手のスピードやテンポ、トーン等を合わせた状態で)

 

 

********************************

 【 ○子ども ・ ●保護者 】

********************************

  

さっきの試合でさ、仲間がバイタルでボール持ってたとき、ダイアゴナルで動いたじゃん?

あのときさ、あえて背後を取らなかったの?

 

…んーと…

 

後半入ってすぐの場面ね。

結局パスは出てこなくてフリーランになったわけだけどさ。

どう?

 

…んー(あれ?質問って何だっけか?)…

 

やっぱりオフサイドを意識してたから?

 

うん、そう。

 

だったら良いんじゃないかな!

惜しかったな!

 

********************************

 

 

…こんな感じです。

 

 

この子は別に、知らないワードがあったわけではなく、単に質問を畳み掛けられ、

頭が混乱しているときに、保護者からそれっぽい選択肢を与えられ、「それだ」と話を丸く収めました(笑)

 

こんなこと、思いの外ありませんか??

 

 

これは、相手の「情報処理スピード」に合わせるペーシングができていなかった一例になると思います。

(サッカー用語がわからない方はそもそも謎過ぎましたね…すみません…)

 

 

子どもと話をしているとき、私の言葉を一生懸命頭の中で処理している様子が見られ、

「あーこれ、処理が完了する前にまた別のことを言っちゃうときあるよなー」なんて思い、

自戒の念も込めて書かせていただきました。

 

 

少しでも、日々のコミュニケーションを見つめ直す機会になれば幸いです^_^