ラグビー日本代表のチームドクターから学ぶ「強いチームづくり」のポイント

チームづくり、組織づくりのポイント

 

昨年日本で開催され、日本中を感動の渦に巻き込んだ

ラグビーワールドカップ。

 

記憶に新しい方も多いのではないかと思います。

 

 

そんなラグビー日本代表の大躍進を大会3ヶ月前から、

メディカル面でサポートされていたチームドクターである高森氏。

 

 

その高森氏の視点で「ワンチーム」について語られていた記事を読み、

改めて『自立』した個人で在ることや、他者との『コミュニケーション』の質を高めていくことが

チームの成果に繋がっていくということを強く感じました。

 

 

高森氏は、チームが大いに機能したポイントとして、

『コミュニケーションと信頼関係の重要性』について強調されていたとのことでした。

 

 

具体的には、以下のように語られていました。

 

**********************************

 

決して仲良しこよしではなく、「一定の距離感」を持ち、

同じ目標を持ったプロとして「お互いを尊重」していた。

 

まさに、選手、コーチ、フィジカル、メディカル、マネジメント、通訳、

それぞれがプロとして「対等」だった。

 

**********************************

 

 

 

あくまでもチームは、「共通の目的」を持った「最強の個人」の集合体。

 

そしてチームである限り、不必要な上下関係は存在せず、

個々の意見はぶつけ合った上で、最終的にはチームとしてのビジョンに基づいて

決断を下していく。

 

 

このようなチームとしてのスタンスを作り上げていったことが、

あのような感動、美しさを、お茶の間に届けることに繋がったのだと感じます。

 

 

 

しかし、このような理想とも言える組織を作ることって、

本当に難しいですよね。

 

むしろ無理、と思っている方も多いのかも知れませんね。

 

 

 

とはいえ、チーム・組織として成果を出すことは、

それぞれのリーダーには課された使命であることは言うまでもありませんね。

 

 

 

さぁ、せっかくここまでお読みいただいたので、

以下にある「5つのクエスチョン」に向き合ってはみませんか^_^??

5つのクエスチョン

強いチーム、組織をつくるための5つの質問

 

■ Q1 ■

それぞれがプロとして仕事していくために、

どのような手助け(直接的・環境整備等から)をすることができるでしょうか?

 

■ Q2 ■

私たちにとって「同じ目標」とは、一体何なのでしょうか?

 

■ Q3■

組織に存在している「上下関係」がある中で、

「対等」に意見を言い合える「状態」を作り出すためにできることは何でしょうか?

 

■ Q4 ■

AさんやBさんにとって、仲良しこよしではない

「一定の距離感」のある人間関係とは、どのような距離感なのでしょうか?

 

■ Q5 ■

「コミュニケーションと信頼関係」をより良いものにしていくために

コソコソ学べることって何なんでしょうか? 

 

 

どのような応えが出てきましたか??

 

【Q4】までは、人それぞれ完全に異なってきますね。

 

もし「うまく応えられない…。でも、応えられるようになりたい…。」とお考えの方は、

マンツーマンでのコーチング『マイコーチ』での対話を通して、一緒に見つけていけたらと思っています。

マンツーマンコーチングセッション「マイコーチ」

また、【Q5】については、コミュニケーションに特化した学問である

『コーチング』をオススメしたいです。

 

こちらについては、自分自身や周囲の方との「信頼関係」の構築をメインテーマに置いている

『トラストコーチングスクールの一般講座』(コーチングを受けながらコーチングを学ぶ)を

オススメします。

トラストコーチングスクール(TCS)コーチング一般講座

あなたがコミュニケーションを学ぶことで、成長速度を早める人、幸せになる人がいるはずです。

共に学びを深めていきましょう!!

 

 

 

チームドクターが語るラグビー日本代表「ワンチーム」の意味

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191217/k10012217861000.html