[キングダム・映画] X [家庭教育・子育て]~【夢】~

こんにちは、Q.O.K SCHOOLの草苅です。

 

皆さんは[キングダム]という作品をご存知でしょうか!?

ご存知ないわけ、ないですよね?w

 

[キングダム]を通して[教育]について考える機会を、今後は作っていきたいなと考えています。

 

ということで今回は、[キングダム・映画]×[家庭教育・子育て]~【夢】~というテーマでお送りいたします!

最後までお読みいただけますと幸いです^_^

キングダム・KINGDOM[映画]

目次

  1. 映画キングダムに込められたメッセージ「夢」
  2. 「夢」への捉え方
  3. お子さまの「夢」について

1、映画キングダムに込められたメッセージ「夢」

先日、映画キングダムが地上波で初めて放映され、そこで次回作が決定したことが発表されました。

キングダムファンからしたら待ちに待った瞬間で、歓喜した方も多くいるのではないでしょうか。

 

さて、映画キングダムの詳細については割愛しますが、この映画の中で強いメッセージを私は「2つ」感じました。

 

  1. 「夢」
  2. 「人の痛みを知ること」

 

今回はその「夢」というメッセージについて、家庭教育の視点で考察していきたいと思います。

 

2、「夢」への捉え方

今作の中での「夢」は、2つの側面から描かれていたように感じました。

 

一つは「夢なんて持っていても仕方ない」という側面。

そしてもう一つは「夢を持つことの価値」という側面。

 

映画の中では結果的に、「夢なんか持っていても仕方ない」と考える側が敗者となり、「夢を持つことの価値」を信じている側が勝者となりました。

 

ここで私は、勝者と敗者の間には「夢というものへの捉え方」に違いがあったと感じました。

 

敗者が抱く「夢」は、いわゆる「自分のための夢」。

例えば、「成果を出したい」「有名になりたい」「大金持ちになりたい」など、その「夢」の中に「自分」しかいませんでした。

 

逆に勝者が抱く「夢」というものには、「自分以外の誰かの存在」が確かにありました。

例えば、「〇〇と共に抱いた夢」「〇〇の無念をはらすための夢」「〇〇のための夢」などです。

 

 

『抱く夢の中に誰か大切な人の存在を含ませることで、初めて夢というものが人の支えとなり、力となり、限界を乗り越えていく原動力となり得る。』

 

 

そんな原則を学ぶことができた気がしました。

3、お子さまの「夢」について

夢を叶えるというものへの見方は、一般的にはキングダムでいう「自分のための夢」を指すような気がしています。

よって、保護者さまが「お子さまには夢を叶えてもらいたい」と多少なりと思っていたとして、視点は「お子さま」止まりになりやすいと感じています。

 

 

『お子さまの先にいる人を見る』

 

 

その視点が、よりお子さまの「夢」を応援していくにあたり、大切になるポイントであると、映画キングダムを観て感じさせられました。

 

 

「夢」というものは、もはや「手法」。

「目的」は「その先」にあるものなのです。

 

それが、映画キングダムから学ぶ「夢というものへの捉え方」だと思います。

 

 

成長段階やそのときの状況によりますが、「夢を持てれば良い」わけではないということです。

 

  

 

引き続き、考えていきましょう^_^


TCS一般講座

[詳細・お問い合わせ・お申込は、以下の画像をクリック!]

トラストコーチングスクール(TCS)一般講座

【短期間】かつ【低予算】で【コーチングを体感】しながらコーチングを学び、【コーチング資格を取得】することができる講座です。コーチングコミュニケーションスキルを、子育て(家庭教育)に!

オンラインコーチング

[詳細・お問い合わせ・お申込は、以下の画像をクリック!]

パパ向けマンツーマンコーチング「マイコーチ」

【1対1の対話(コーチング)】を通して、【子育て(家庭教育)】に関する漠然とした不安や曖昧さを整え、【子育て(家庭教育)】をより戦略的に楽しめるよう手助けしていきます!

次世代型リーダーシップ講座

[詳細・お問い合わせ・お申込は、以下の画像をクリック!]

パパ向けコーチング型教育「次世代型リーダーシップ講座」

【子育て(家庭教育)】に対する【お父さま】の漠然とした【不安を軽減】していくことを目的とした、コーチング型教育講座です。【子育て(家庭教育)】に対する安心感や自信を高めていきます。