· 

【子どもコーチング】考える力ってそもそも何だろう?

子ども向けオンラインコーチング「考える力ってそもそも何だろう?」

皆さんこんにちは、Q.O.K SCHOOL代表・TCS認定コーチの草苅です!

 

今回は「考える」という表現について、書籍「パン屋ではおにぎりを売れ(著:柿内尚文氏)』を参考に、改めて考え直していきたいと思います。

 

 

これからの時代、「考える力」が重要なことなんて、誰しもがわかりきっていることですね。

 

しかし、そもそも「考える力」って何なんでしょうか?

 

もしかしたら、誤解して認識しているかも知れません。

「考える」と「思う」は別物

いきなりですが……

 

 

あなたは今日、何をどれぐらい考えましたか?

 

 

人は一日に、6万回も思考したり質問したりしていると言われています。

 

しかし、この思考というものを分類すると、「考える」と「思う」に分けることができ、多くの人は「思う」ことを「考える」ことだと認識しているとのことです。

 

何となく、難しいですよね。

では、それぞれの定義について見てみましょう。

 

 

 

「思う」とは?

頭に浮かんでくる、感じること

 

 

「考える」とは?

目的のために意識的に思考すること

 

 

 

例えば、我が子のことを想像してみましょう。

 

「保育園楽しんでるかなー?」「昨夜もほんと可愛かったなー。」などなど

 

 

私たちはこれらのことを、子どものことをずっと「考えている」と認識するのではないかと思います。

しかし、これはあくまでも「思っている」ということになり、決して「考えている」わけではないですよ、ということです。

 

 

なるほど。こう考えてみると、私もドキッとしましたが、案外「考えていない」自分に気づくことができるのかも知れません。

 

 

 

  

さらに、「考える」「知る」というものも混同しやすいものだそうです。

 

 

例えば、「一生懸命考えてきました!」といって提出された資料が、様々な情報をまとめ、整理されたものだとします。

 

もちろんこれらの情報は「考えるために」に必要な情報ではありますが、あくまでも「考えるための材料」であって、このようなインプットは「考えた」こととは全く別物だということになります。

 

 

  

ここで、改めてお聞きします。

 

 

あなたは今日、何をどれぐらい考えましたか?

考えるために必要な「目的」

「考える」の定義を改めて確認すると、「目的のために意識的に思考すること」でした。

 

 

つまり、「目的」がなければ「考える」は始まらないと言えますね。

 

 

ありふれた日常の中に、子どもはどのような「目的」を持って生活していますでしょうか?

 

また、私たち保護者も同様、日々の中でどのような「目的」を持って生活しているのでしょうか?

 

 

 

考える力を育むために、まずは日常生活に「目的」を見つけることから。

子ども向けオンラインコーチング

子ども向けオンラインコーチングでは、日常生活にある「なぜ?」に着目していくことで、日常生活に自分なりの「目的」を発見し、自分なりの「考え」を持てるようにマンツーマンで対話を継続的にさせていただいております。

 

3回や5回コースなど、長期休暇を活用した形や2週間に一回などの定期実施など、ご希望に合わせて実施しております。

詳細は以下にある画像をクリック願います!

 

 

Q.O.K SCHOOLでは引き続き、子どもたちへ「考える力を育む機会」を提供していきます!!

 

 

ご興味がある方は、是非お気軽にお問い合わせくださいませ!!

子ども向けオンラインコーチング「考える力の育成
画像をクリックしてください!