【子育てをより良いものに変化させるホームエデュケーション・スキル】振る舞いに想いを

子育てをより良いものに変えるホームエデュケーション・スキル「振る舞いに想いを」

皆さんこんにちは、Q.O.K SCHOOL代表・TCS認定コーチの草苅です!

今回は「 振る舞いに想いを 」というものを、「家庭教育・子育て」の中でどのように活用していくことができるのか考えていきます。

 

最後までお読みいただくことで、今まで以上に「心穏やかな日々を過ごす」キッカケになるに違いありません!

是非ご一読いただけますと幸いです!


振る舞いに想いを乗せる


人は日々、様々な形で他者に影響を与え続けています。

と同時に、影響を受けています。

 

直接的な「言葉」はもちろん、「態度」や「仕草」、その「雰囲気」からもです。

 

 

まずはそのことを自覚することから始まりますが、より良いコミュニケーションを図っていきたいと考えたときに大切になることが、その「振る舞いに想いを乗せること」です。

 

 

毎日毎日繰り返される「おはよう」や「いただきます」や「ありがとう」。

 

あまりに日常的で反復するものだからこそ、形式的に行われることも少なくありません。

 

しかし、その一つひとつに「想い」を乗せることの大切さを、私は学校教育現場での経験を通して学ぶことができました。


拍手に何を乗せるのか?


卒業生の晴れ舞台となる卒業式。

その卒業式に出席する在校生は主に、会場の後方で先輩たちの卒業を見守ることになります。

 

そして、基本的には微動だにせず着席し、事あるごとに拍手をしていく。

これ自体に対する賛否両論は一旦置いておいてw、多くの学校ではこのような式典が行われていることと思います。

 

 

私は当時、この在校生たちの練習を担当したことがあります。

 

初めてその現場に立ち会ったときに感じたことが、「なんて寂しい拍手なんだろう…」というものでした。

明らかに「拍手しろと言われているから拍手しています」という音を奏でていました。

 

このとき、このようなことが当たり前になっていることを悲しく感じるとともに、そうせざるを得ないと諦めている生徒たちの考え方に対しても疑問を覚えました。

 

 

そこから、私なりに改革を進めていったわけですが、そのうちの一つに「拍手」というものがありました。

 

 

『 今みんなは一体何ために拍手をしているんだ? 』

 

 

「は?やれって言ってるのはそっちでしょ?」

そんな空気が流れたような気もしましたが、その部分はもはや忘れましたw

 

 

しかし、先輩との繋がりがある在校生から話を聞き始めると、「ありがとうございました」や「大学でも頑張って欲しい」など、色々な想いがあることを確認することができました。

 

また、先輩との繋がりがない在学生に関しては、「関わりもないにも関わらず、どのような想いを込めることができるのか?」をワークシート等を使って座学的に考えることからスタートさせていきました。

 

すると、「直接的な関わりはなかったけど、先輩たちのように音楽祭を来年も盛り上げたい」であったり、「先輩たちの体育祭での活躍が印象的だった」「先輩たちよりも頑張って、高校を盛り上げたい」など、色々な想いを抱くことができるということに各々が気づいていきました

 

 

結果、「 やれと言われたからやる拍手 」ではなく、声では伝えられない想いを拍手という形で自分なりに伝える機会としての拍手として手を叩くようになっていきました。

 

 

この拍手の音の違いは、明らかに違うもので、「拍手」を受けるだけで感動した記憶が今でも鮮明に残っています。

 

 

想いを乗せることで伝わり方が大きく変わってくるということを学ばせてもらいました。


まとめ


では、日常的に反復する「おはよう」や「ありがとう」、「いただきます」という言葉に、あなたはどのような想いを込めていきたいでしょうか?

 

子どもたちに、どのような想いを乗せて、そのような日常的な表現と付き合っていってもらいたいとお考えでしょうか?

 

 

おはよう…(あーもっと寝たかったなーあー眠い…)」なのか!??

 

 

おはよう!(さて、今日も誰かを笑顔にしちゃうかな!はっはっは!)」なのか!??

 

 

同じ「おはよう」でも、想いが異なるだけで伝わるメッセージが変わっていきますし、それによる影響も大きく変わっていきます。

 

そして、その小さな積み重ねが、いずれ大きな差になっていくことは、想像に容易いのではないかと思います。

 

 

日常的に繰り返される些細な「振る舞い」にこそ「想い」を乗せる工夫をしていくことで、より高め合える親子関係を築いていけるのではないでしょうか??

 

是非このブログが、何気なく扱っていた日常の振る舞いを見つめ直す機会になっていれば幸いです。

 

 

今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました^_^




マンツーマンコーチングセッション(マイコーチ)子育て・家庭教育・育児サポート

マイコーチ(マンツーマンコーチング)

継続的な対話を通して、以下の実現を目指していきます

  • 子育てに関する不安や心配事等を取り除く機会になります
  • お子さまの性格や成長段階に適した関わり方を発見する機会になります
  • 自信を持って子どもと向き合えるようになります
  • 子どもとの関係だけでなく、夫婦間の関係にも良い影響が生まれます


次世代型リーダーシップ講座

書き込み式のテキストを活用した講座を通して、以下の実現を目指していきます

  • 子育てや教育に関する基礎的な考え方やスキルを学ぶことができます
  • 自分自身の考えや想いに改めて気づく機会になります
  • 自分自身や子ども、パートナーへのコトバの扱いに良い影響が生まれます
  • 学んだことを置き換えることで、職場での人間関係にも良い影響が生まれます
コーチング型教育・次世代型リーダーシップ講座(子育て・育児・家庭教育サポート)


トラストコーチングスクール(TCS)一般講座・コーチング資格取得

トラストコーチングスクール(TCS)一般講座

コーチングを体感しながらコーチングの基礎概念・スキルを学ぶことができます

  • ベーシック講座2万円、アドバンス講座3万円と安価で受講できます
  • 各講座3~4時間(分割可)と短期間でコーチングを学ぶことができます
  • 両講座受講後、「TCS認定コーチングアドバイザー」という資格が取得できます
  • 資格を取って終わりではない、コミュニケーションを学び続ける環境があります