カテゴリ:教育業界志望



2019/08/16
自分が自然と思っているものが、実は不自然なもので…。自分が不自然と思っているものが、実は自然なものであったり…。自分の感覚の確かさや不確かさについて見つめ直す機会になれば幸いです。
2019/08/07
成果や成長を求めるプロセスの中に、リアリティーがあるかどうかは、成長速度を速めるための重要な視点になるでしょう。
2019/07/05
主体性について、家庭教育という切り口で考えてみました。企業でも最も必要されている人材の資質。考えを深めていきましょう。
2019/06/13
自分の感情や考え方に目を向けることが、つい後回しになりやすい現状があります。子どものうちから「自分」について掘り下げて考えていくことは、社会人になってから「自分」を伝えられるようになるために極めて重要なことだと考えています。
2019/06/11
教育的瞬発力トレーニング講座の体験会を先日開催いたしました。とても意義のある交流をさせていただき、感謝です。これからも想いを繋げ、子どもたちの成長や幸福感を引き上げていけたらと思います。

2019/06/09
認識のズレは、大きなストレスを生み出すだけでなく、集団としての目的達成の大きな足かせになりかねない。事前に認識のズレを調整するスタンスを、全メンバーに求めたい。

2019/05/27
人の能力を最大限引き出すためには、やみくもに頑張らせるだけでは難しい。その頑張りがどのような成果に繋がるのか、どれぐらいの強度や頻度で頑張れば良いのかなど、イメージを共有した上で背中を押してあげることが大切になります。

2019/05/23
ザイオンス効果を教育活動に活かすとしたら、何が大切になるのか。営業や広告業界では当たり前のように利用されている考え方を教育に置き換えて考えてみます。

2019/05/18
これから求められる学びとは、「 個人や集団の中において、一人ひとりの幸福感を高めることで生産性を高め、成果を生み出していくという 経験を積むこと」となるはずだ。 このことについて、今のうちから学んでおいて無駄にはならない。

2019/05/16
教育的瞬発力トレーニング講座のホームページを更新しました。無料体験講座や初回の講座体験もご用意しております!

さらに表示する